神待ち女性にオーガズムを体験させるのは楽しい

オーガズム(性的な絶頂)というのは、男性にだけ与えられたものではありません。これは女性にも備わった機能であり、一定以上の快楽が続けばオーガズムを体験できるでしょう。ただし、そこに至るまでの難易度は男性と大きく異なります。

ほとんどの男性はオーガズムを手軽に得られますが、女性はオーガズムを得るまでに時間がかかることが多く、私がこれまで遊んできた女性にも「あんまりいくとか意識したことないなー」と話す人が結構いました。

私の場合は神待ち女性とセックスすることが多いのですが、こうした女性たちにオーガズムを体験させるのは楽しいので、興味のある人は狙ってみるのがおすすめですよ。

*セックスでオーガズムを体験できない女性はそれなりに多い

『セックスでオーガズムを体験できていない女性』というのは、それなりに多いと思って構いません。オナニーだと自分ならではの力加減でじっくりと刺激できますが、セックスだと男性任せになる部分が多く、その結果として「私がいく前に相手が満足した…」なんてことになりやすいのです。

私も昔は女性がオーガズムを感じる前に満足していたのですが、一度女性が達する姿を見るとハマってしまいまして、「これからは、必ず相手にも満足してもらおう!」と思うようになったのですね。

*女性はオーガズムを迎えると貪欲になる

なぜ女性にオーガズムを体験させたくなるのか、その理由の1つが『オーガズムを迎えるとさらに貪欲になるから』です。男性はオーガズムを迎えると精力が減退していきますが、女性はその逆であり、一度オーガズムを迎えてからが本番です。

男性は射精の瞬間がピークですが、女性はそのピークが延々と続いている感じであり、オーガズムは始まりの段階とも言えます。そんな状態に突入してすぐに終わるのは切ないから、絶頂後は「もっと…」なんて可愛らしく甘えてくるでしょう。

*乗り気でない神待ち女性もオーガズムで変わる

神待ちしている女性は泊まるために相手をしてくれる人が多いので、乗り気ではない人もそれなりにいます。ですが、そんな女性にオーガズムを体験させると、どうなるかは想像できますよね?

そう、乗り気でない神待ち女性もオーガズムを迎えた後はベタベタと引っ付いてくるようになり、こちらの勃起を維持するためのお手伝いもしてくれます。出した後のペニスを舐めるお掃除フェラすらノリノリでやってくれるため、女性にオーガズムを迎えさせるテクニックは男にとっても旨味があるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする