神待ち女性が積極的になるかどうかは男のテクニック次第!?

「この子、可愛いのにセックスのやる気がないんだよなぁ…」なんて感じたことはありませんか?男はセックスというだけでやる気が漲るでしょうが、女性にとっては「求められたから、相手をするか…」なんて気分になっていることも多いです。

私がかつて付き合っていた彼女も結構サバサバとしていてストレートな物言いだったから、セックスについて聞いてみると「さすがに恋人に求められたら、相手をしないと気まずいでしょ?」なんて言われました。

実際にその彼女はセックスで感じまくるなんてことはなく、私の動きに任せっきりという感じが強かったです。誘えば応じてくれるのは嬉しかったものの、やっぱりそういうセックスだと虚しいというか、オナニーをしている感覚に近くなります。

こんな風に書くと女性が全面的に悪そうですが、実は男性側にも問題があります。というのも、男性はセックスを始めたらとにかく入れたくなってしまい、相手が濡れていると思ったらすぐに入れてすぐに発射するという人が多いでしょう。

こんなセックスをされては女性も真面目に付き合う気にはなれず、そのうち適当にあしらうようになるかもしれません。それでも相手をしてくれるだけマシ…とは言えませんよね?

つまるところ、女性が積極的になってくれるかどうかは男性のテクニック次第であり、その気にさせなければ一方的なセックスに終始するでしょう。それで満足する人もいるかもしれませんが、私は違います。

最近は神待ち女性とセックスすることが多いので、とくに気合を入れて感じさせています。こういう女性は基本的に『泊まるためだけに相手をする』といった傾向が強いため、テクニックがなければオナホに対して腰を振っているのと大差ない状態になるでしょう。

しかし、神待ち女性と言えども快楽には抗えないため、こちらがしっかりと感じさせてあげればそのうちに乗り気になります。最初はされるがままだった女性が、自分から股間に吸い付いてくる…そんな様子を想像すると、誰もが興奮しますよね?

そんなわけで、神待ち女性とセックスするときはできるだけ焦らし、相手から欲しがるように仕向けます。この焦らしというのは難しそうに見えますが、時間さえかければできるものが多く、最初は性感帯のギリギリを刺激するのがポイントでしょう。

そして相手が積極的に求め始めたら、まるで発情期の獣みたいにセックスを楽しめます。こういうセックスは時間がかかるものの、事後の満足度は高いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする