生理前だからとゴムなしでの挿入を許してくれた神待ち女性

男性にとって妊娠という事柄は非常に難解でして、正しくメカニズムを理解している人は少ないでしょう。もちろん勉強することで正しい知識を身につけることができますが、多くの男性は「中に出すと妊娠することがある」くらいの認識です。

もちろんそれも間違いではありませんし、だから中出しを避けると考えるのは正しいでしょう。人間の文化はずいぶんと発達してきましたが、未だに望まぬ妊娠が頻発しているように、正しく避妊できていない人が多すぎるのです。そんな中、中出しを避けようとするだけでも立派と言えるでしょう。

なお、女性には『妊娠しにくいタイミング』があるのはご存知ですか?これについては安全日という俗称で広まっているので、聞いたことのある男性は多いでしょう。もちろん妊娠しにくいだけであって、妊娠しないわけではありません。

妊娠しにくいタイミングはいくつかありますが、そのうちの一つが『生理前』です。女性の生理周期はある程度決まっており、それを熟知することで妊娠しやすさもコントロールできますから、親密になった女性の生理周期を知るのは無意味ではありません。

もしもこれからセックスをする相手が生理前だった場合、ゴムなしでの挿入ができるかもしれません。先ほども書いたように妊娠しないわけではありませんが、それでも通常時に比べると妊娠しにくいのは事実で、生で入れてみたい男性にとっては魅力的な話です。

生で入れなくてもセックスは気持ちいいですが、やっぱりコンドームがないほうが刺激も強くなり、よりたくさん出せるかもしれません。こうした事実も望まぬ妊娠につながっているので、女性が嫌そうなら無理強いをしてはいけません。

ちなみに私が先日セックスをした神待ち女性は生理前ということで、ゴムなしでの挿入を受け入れてくれました。恋人でもない相手に生で入れるのは…と多少は考えたものの、やっぱり生で入れられる魅力には勝てません。

ちなみに生挿入はOKですが中出しはNGであり、それはきちんと我慢しました。生挿入を受け入れてくれる神待ち女性であってもやはり妊娠はしたくないようで、私もそこまでわがままは言いません。

それに外に出したとしても生で入れたときの気持ちよさは味わえるため、文句なんてありません。久々に感じる生のアソコは本当に気持ち良くて、油断すればそのまま中で出してしまいそうな快感でしたね。

ここまでしてくれる神待ち女性は滅多にいませんが、どうしても生で入れてみたいなら生理前かどうか聞くといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする