色白な神待ち女性はアソコも黒ずんでなくてそそります

女性にとっての肌ケアはほぼ日課となっており、無頓着な人が多い男性からすると驚かされることもたくさんあるでしょう。そこそこ肌を気遣う男性であっても長時間行うことは珍しく、女性のケアを見ていると「そこまでするのか…」と感じるかもしれません。

肌のケア方法にはいろいろありますが、大抵の場合は『白くてなめらかな肌』を目指しています。近年は肌の色による違いについて語るのはセンシティブで難しいとされるものの、やはり白いほうが多くの人にとって美しく見えるため、女性のほとんどは色白になれるように努力します。

こうした努力によって肌は綺麗になりますが、肌の色というのは生まれ持った体質が大きく影響し、身も蓋もないことを言うならば白人こそが綺麗になりやすいとも表現できます。あくまでも白を美しいと考えた場合の基準であり、濃いほうが綺麗だと考えるならばまた違ってくるでしょう。

なので生まれつき肌が白い人は羨ましがられることが多く、ちょっとのケアで十分綺麗に見えます。また、ぱっと見では分からない部分も綺麗であることが多く、セックスの際に脱がせばその美しさはさらに際立つでしょう。

私もそういう色白な女性を見たことがありまして、脱がしたときには驚かされました。本来なら黒ずんでいるはずの部分ですらかなり綺麗でして、「やっぱり、見た目の美しさって体質が重要なんだなぁ」と実感させられましたね。

その女性とは神待ちしていた人で、それっきり会うことはありません。あの美しさを知った立場からするともっと仲良くしておいたほうがいい…と言いたいところですが、こういう関係ならば深入りはしないほうがいいでしょう。

神待ちしている女性は一晩限りの泊まれる場所を探しているため、あまり深入りはできません。フレンドリーな女性であっても根掘り葉掘り聞くのは好ましくなく、最低限の雑談とセックスができれば御の字だと考えてください。

私もこの神待ち女性については深く理解しておらず、今はなにをしているのか分かりません。ですが、あのとき見せてもらった裸体は今もこの目に焼き付いており、それをおかずにオナニーができるだけでも儲けものかもしれません。

この女性、全身がかなりの色白でして、アソコまでもが黒ずんでいないのです。男性もそうですが、隠部というのは摩擦が生じやすいので色も黒くなりがちですが、この人は生まれ持った体質もあり、とても綺麗な女性器だったのですね。

アソコの色が綺麗であれば、やっぱり男も興奮するでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする