旦那がいる神待ち女性に自分からおねだりさせるとそそります

旦那がいる女性とセックスする際、自分からおねだりさせるようにするとそそります。相手には旦那がいるのに、ほかの男のモノを求めてくる…これは大変いやらしく、ほとんどの男がガチガチに堅くするでしょう。

そもそも人妻とセックスするというだけでエロいわけで、「なんとかして人妻とやれないかなぁ」と思うかもしれません。しかし、近所にいる女性を誘うのはリスクが高く、風俗店にいる人妻は本物かどうか怪しいし、なかなかそういうチャンスはないと思うでしょう。

ですが、ネットを活用すれば意外と誘えます。出会い系を使うと分かるのですが、人妻もかなりいまして、相手によっては「この人なら、案外やらせてくれそうだ…」という期待が持てるでしょう。

私の場合、『神待ちをしている人妻』を誘ってみました。こういう女性は家へ泊めればお礼にセックスをさせてくれるのですが、旦那がいるのに泊まりたがる人は珍しくて、見つけたときは驚いてしまいましたね。

ちなみに理由は大体予想できるように、「旦那とケンカして、家を飛び出してきちゃった…」というものでした。結婚しているのにほかの男の家に泊まりたがる理由なんて、これ以外に思い浮かばないかもしれません。

もちろん私にとっては大変好都合で、優しい言葉で誘いました。ケンカして飛び出したということは少なからず傷付いているだろうし、最初から欲望丸出しの声かけは好ましくありません。女性を家へと誘うなら、こういう気遣いもすべきでしょう。

この神待ち女性はすでに30代ではありますが、見た目はまだまだ若々しくてそそります。スタイルもムチッとしており、セックスするにはうってつけでしょう。もちろん、家に戻るまではあまりジロジロ見ないようにします。

家に入れるとまずは相手の愚痴を聞き、気が済むまで話に付き合います。すると相手も「お礼しないといけませんね」と言ってくれるので、そのままセックスを始めました。この言い方だと仕方なく相手をしていそうな感じですが、実際は異なります。

相手も最近はしていなかったのか、キスして体を触っているとそれだけでトロンとした顔になり、私が「エッチなおねだりをしてみて?」と言ってみると、本当にやってくれました。

私に向かって足を開き、「私のココに入れてください…」と言ったので、お望み通り挿入したのです。トロトロのアソコは予想以上に締まり、私は3回もしてしまいました。

こういう神待ち女性にエッチなおねだりをさせたら、より一層盛り上がりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする