「もったいない…」と言いながらお掃除フェラをするエロ過ぎな神待ち女性

エロ過ぎる女性とセックスすれば、普段ため込んでいる性欲も綺麗さっぱり解消できます。男性は普通に過ごしているだけでもムラムラしてきますし、ある程度射精を我慢していると「今すぐにセックスしたい…」と感じるでしょう。

私も普段は仕事があるので我慢していたものの、やはり3~4日過ぎるとムラムラが強まってきて、「誰かセックスさせてくれないかなぁ」と思いつつ、お気に入りのアダルト動画で抜いていました。セックスの相手がいなければ、こうして自分で処理するしかないのです。

そんな日々が嫌というわけではありませんが、どうせならセックスで出したくなるのが男の本音でしょう。しかし恋人がいない男にとって、セックスするのは難しい…と感じていたのですが、『神待ち女性を探せるサイト』を知ってからは一変しました。

神待ち女性を家に泊めれば、セックスをさせてもらえます。「本当に泊めるだけでいいの?お金は取られない?」と心配になるかもしれませんが、基本的に金銭のやり取りは発生しません。というか、お金を渡すならデリヘルを呼ぶほうが合理的でしょう。

また、神待ち女性の中には最初にも触れたようなエロ過ぎる人がたまにいます。こういう女性とは頻繁には会えないものの、会えたときは最後まで搾り取ってくれますから、風俗嬢を呼ぶよりも満足できるでしょう。

先日泊めた女性もかなりのエロさで、おかげですっきりしました。普通にやらせてくれるだけでも助かるのですが、エロ過ぎる女性ならば「そこまでしてくれるの?」と思うほど気持ち良くしてくれますから、不完全燃焼で終わることはまずありません。

その女性もいろんなことをしてくれましたが、とくにエロいと感じたのは『お掃除フェラ』ですね。射精後に口で綺麗にしてくれるプレイですが、これを進んでやってくれる人は珍しく、それだけでも好ましく感じるでしょう。

なお、お掃除フェラをするときには「もったいない…」なんて言っていたように、精液の味が好きなようです。汚れたペニスを咥え、下品な音を立てながら吸い上げるフェラは驚くほど気持ち良く、相手が口を離す頃にはまた元気に復活していました。

この人もまだまだしたかったようで、何度も体を重ね合います。おかげで翌日は疲れていましたが、休日だったのでゆっくり過ごせましたし、最高の余暇だったと思います。やはり、エロ過ぎる神待ち女性はたまりませんね。

機会があればまたこういう女性を家に誘い、朝までしっぽり楽しみたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする