やっぱり美人な神待ち女性を泊めたときのほうがテンションも上がってしまいます

最近は美人を警戒する男性も増えてきましたよね?綺麗な女性が言い寄ってくると「この人はなにが目的なんだろう」と怪しみ、場合によっては露骨に距離を置こうとすることもあるでしょう。これも美人局などの実態が広まった影響ですね。

私も美人と話すときは気を引き締めており、安易に騙されないように気をつけています。友人の中にもそういうのに引っかかりそうになった人がいるため、とくに夜の町を歩くことが多いなら注意するに越したことはありません。

とはいえ、美人とセックスできたら嬉しくなってしまうのも、男の揺るぎない本音だと言えるでしょう。男は昔から容姿の優れた女性を好み、可能であればセックスもしたいと考えています。だからこそ、今でも美人局に引っかかる人が多いのでしょう。

私も美人な神待ち女性を泊めたときのほうが、やっぱりテンションも上がってしまいますね。セックスさせてくれるなら誰でも大歓迎…と言いたいところですが、やはり相手の容姿によって楽しさは異なるため、美人であるに越したことはないでしょう。

出会い系などをチェックすれば簡単に神待ち女性を探せるのですが、どんな女性と会えるかは運次第となります。驚くような美人と会えることもあれば「うわっ…」と言いそうになる相手と会うこともあるため、その辺は覚悟しておくべきでしょう。

会う前に写真を見せてくれる人ならいいのですが、見せてくれない人もかなり多いため、会うまで相手の容姿が分からないことも多いです。だから私も「どうか普通以上の見た目でありますように…」なんて祈りつつ会うようにしていたのですが…。

先日泊めた女性は、かなりの美人でした。待ち合わせ場所へ行く際に「あまり期待しないでくださいね」と言ってきたので、その言葉通り警戒していたのですが…いざ会ってみると、美人でテンションが上がりました。

女性は自分の容姿を謙遜するものだと分かっていましたが、ここまで予想外の美しさだと「なんで期待するなって言ったんだろう…」と思ってしまいます。謙遜も過度にしてしまえば、嫌味っぽくなってしまいますからね。

とはいえ美人な神待ち女性とセックスできるのは嬉しいことであり、家ではその体をじっくり味わいました。顔立ちが綺麗なだけでなくスタイルも整っていて美しかったから、「美人って全身が綺麗なんだなぁ」なんて惚れ惚れしたのです。

どんな神待ち女性を泊めることになったとしても、感謝の気持ちを忘れてはいけません。しかし美人のほうが嬉しくなってしまうのは、仕方のないことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする