たまった性欲は神待ち掲示板を使って解消するに限ります

男として生を受けたのであれば、性欲がたまってしまうのは仕方がないことです。たまるスピードについては個人差があるものの、若くて健康な男性なら1日に何度もムラムラすることは珍しくないように、男と性欲は切っても切れない関係でしょう。

年齢を重ねれば性欲もたまりにくくはなりますが、元気な男性なら中年以降でもムラムラしやすいため、定期的な解消が必要です。最近は性欲を抑えつけようとする人もいますし、「ある程度我慢を続けたらムラムラしなくなった!」と喜ぶ人もいますが、それがいいことかどうかは分かりません。

人間は使わない機能を劣化させていく生き物ですから、性欲を解消しないと徐々に生殖機能も衰えていき、男性としての力強さを失ってしまうかもしれません。性欲のない中性的な男性がチヤホヤされている昨今ですが、「やっぱり男らしい人のほうがいいかも」という女性も多いのです。

そんなわけで、私も性欲がたまったら解消するようにしています。日本には性欲解消の方法が豊富に用意されていますが、とくにお気に入りなのは『神待ち掲示板』であり、ここで見つけた女性とセックスするのがとても気持ちいいのです。

神待ち掲示板には泊まるところを探している女性がたくさんいるため、声をかければすぐに家へ来てくれます。そしてほとんどの女性は泊めるお礼としてセックスをさせてくれるので、性欲がたまっているときにはありがたい存在でしょう。

オナニーのほうがさらに手軽かもしれませんが、精子というのはセックスで出すほうが圧倒的に気持ちいいため、私は神待ち掲示板を優先的に使っています。どうしても相手が見つからないときは諦めますが、やっぱりセックスじゃないともの足りなくて…。

また、性欲をため込んでから会うと簡単には終わらないため、女性側も喜んでくれることが多いです。女性が彼氏とのセックスで不満に思いやすい点としては『すぐに出して終わってしまう』というものであり、これを改善するなら無駄打ちを避けるのが基本でしょう。

神待ちしている女性はあくまでも泊まることがメインですが、やっぱりセックスをする以上は気持ち良くなりたいと考えています。だからこそ男性はセックスのときまでため込み、最高の射精をするべきでしょう。

この前泊めた神待ち女性とも長時間求め合っていましたが、相手は「こんなに激しいの、初めてかも…」と満足げでした。やっぱりすぐに終わる男は不評ですので、性欲は日頃からため込んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする