神待ち女性は大学生だったので学校が終わったあとにデートも楽しみました

30代の私にとって、『若い子とのデート』は非常に楽しいものでした。年齢を重ねてみると分かりますが、20代くらいの女性がとても眩しく見えまして、相手が若いと考えただけで興奮するのです。自分も若い頃はそうでもなかったのに、人間とは不思議な生き物ですね。

だからこそ、『パパ活』なんてものが流行っているのでしょう。パパ活というのは援交とは異なり、デートをするだけの関係です。基本的に若い女性が年上男性を誘い、デートをする見返りとして便宜を図ってもらう…そんな感じでしょう。

私も若い子が大好きなので興味はありましたが、「デートはしたいけど、やっぱりそのあとのお楽しみも欲しい…」と考えませんか?デートというのは『セックスするための気分を盛り上げる工程』だからこそ楽しいのであり、デートで終わってしまうなら価値も半減するでしょう。

なので、私は『若い神待ち女性』を狙っていました。こういう女性たちはデートしてあげると喜ぶだけでなく、その後は家へ泊まりに来るため、当然のようにセックスもできます。若い女性とデートを楽しんだあと、自宅でしっぽり楽しむ…この流れはたまりませんね。

先日も若い神待ち女性を探していたら、なんと大学生と会うことになりました。相手は学生ということで「学校が終わってからでいいですか?」と聞いてきまして、そのリアルなやり取りに興奮したのです。相手が若いだけで、こんなにも興奮しやすくなるのですね。

約束通り学校終わりに迎えに行ったら、とても可愛らしい女子大生がいました。学校終わりのデートなんてまるで恋人であり、おそらく周囲からもそんな風に見られているでしょう。可愛い大学生を連れ歩くのは、男にとってのステータスですね。

デート中の神待ち女性は年齢相応という感じで、とても楽しそうでした。カフェでのおしゃべりではずっと話し続けており、次に向かったカラオケでもマイクを握り続けます。こういうアクティブなところにも、若さがにじみ出ていますね。

しかし自宅に連れ込むと「男の人の家ってちょっと緊張しますね」と話し、萎縮している様子が可愛いです。思わず後ろから抱き締めたら「ここじゃ恥ずかしいです…」と消え入りそうな声で訴えてきて、すぐにベッドへ連れ込みました。

若い子の肉体は最高の一言で、どこを触っても柔らかいです。しかもいい匂いがするため、シャワーを浴びる前の腋でも甘い香りに感じてしまいました。やはり、大学生は最高ですね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする