寂しがりな神待ち女性はまた会える可能性も高い?

人間は1人では生きられない生き物だといつも言われていますが、だからこそ寂しがり屋が多いのかもしれません。とくに女性は大昔から集まって生きていくことが多かった分、男性に比べると寂しがり屋が多いとされており、それゆえに誰かに甘えたくなることも多いでしょう。

女性が甘える相手といえば、やっぱり男性です。女性が女性に甘えるということもあるでしょうが、寂しいという感情には異性を求める本能も含まれやすいのか、やはり甘えるなら男性のほうが好ましいと感じやすいのでしょう。

これは男性も同じで、甘えたいと思ったら女性を思い浮かべることが多いです。そもそも男同士で引っ付くのは気持ちが悪いと感じることも多いように、男性のほうがそういう欲求に対してはストレートかもしれませんね。

そんなわけで、もしも寂しがり屋な神待ち女性を泊めた場合、また会える可能性が高いかもしれません。こういう女性とは一晩限りの関係で終わりやすいものの、相手が寂しがり屋ならばまた会いたいと思われることもあり、運がいいとまたセックスを楽しめるケースもあるでしょう。

とくに神待ち女性に対して優しくしていたら、そういう可能性が高まるかもしれません。寂しがり屋はやっぱり優しい異性を好みやすいため、相手が恋人でなくとも甘えたいと感じやすくなるのです。このため、女性を泊めてセックスするならできる限り優しくしてあげましょう。

私もとある神待ち女性を泊めたときは、しっかり優しくしました。私の勘違いかもしれませんが、その女性は少し影があるような雰囲気があったので、なんとなく優しくしてあげたかったのです。もっとも、そうでない女性に厳しくするわけでもありません。

家に連れて行く前には一緒にご飯を食べに行ったり、家に到着してもすぐにはがっつかずにコミュニケーションを楽しんだり、私なりに優しくしました。すると相手も「なんだかお兄さんみたいで安心します」なんて言ってくれて、素直に甘えてくれたのです。

セックスのときもよく引っ付いてきて、かなり可愛かったですね。翌朝はすんなりお別れしましたが、アドレスを交換していたので後日相手からまた連絡が来まして、「ちょっと寂しいから、また泊まってもいいですか?」と言われました。

私と彼女は恋人というわけではありませんが、甘えたいと願ったならいつも受け入れるようにしており、さながら兄妹みたいなものかもしれません。もちろんセックスもしますが、それはお互いが納得の上行っていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする