神待ち女性は必死に声を抑えていましたが逆にそれが気持ちいいみたいです

セックスにおける楽しみの1つは、女性の反応ですよね?まったく反応しない女性をマグロと呼ぶことがありますが、このマグロだとセックスの楽しみは半減されてしまうため、そういう女性と付き合っても長続きしないでしょう。

一応AVでの喘ぎは演技がほとんどですが、完全に無反応という女性は少なく、控えめですが声を出してくれます。そういう声を聞くことで男性も興奮し、より気持ち良く腰を振れるでしょう。中には、AVに近い声を出す人もいます。

こうした声を必死に我慢する女性もいるのですが、実は『声を我慢するとさらに気持ち良くなる』なんて人も存在するようです。声を我慢することで気持ち良くなるメカニズムはよく分かりませんが、アソコの締まり具合などで「あ、今気持ちいいんだな」というのが分かるでしょう。

私がそれを知ったのは、神待ち女性を泊めたときです。私の家は賃貸で両隣に人が住んでいるため、基本的に大きな音や声は出せません。一応防音も多少は気をつけているらしいですが、賃貸である以上は期待しにくいでしょう。

それを相手に伝えると声を必死に抑えていたのですが、自分で口を押さえて我慢しているときは急にアソコが締まってきまして、私も気持ちよくなってしまいました。事後に感想を聞くと、やっぱり気持ち良かったようです。

その神待ち女性は20代で、体型はかなりスレンダーです。もう少し痩せていたら栄養失調が心配になるほどでして、ある意味女性らしい華奢な体つきだと言えます。もちろん、太っているよりかは魅力的でしょう。

昔から『脂肪が少ない女性は感度が高い』なんて言われますが、この人もそうだったようで、家に着いて体を触っているとすぐに濡れてきます。これまでもいろんな女性とセックスしてきましたが、濡れやすさは1番かもしれません。

それで挿入すると「あんっ!」と高い声を出します。すると相手もハッと気付いて口を押さえ、私が腰を動かす度にくぐもった声を漏らしていたのですが…先ほどから書いているように、声を抑えるようになってからはさらに締まりがいいのです。

敏感なら声も出したいでしょうが、場所が場所だけにそれもできず、必死に快楽を押し殺そうとしている様子は本当にそそります。神待ち女性を泊めようと考えたときはそこまで期待していませんでしたが、結果として本当に満足できる相手だったと思います。

声が出やすい女性に我慢してもらえば、より一層気持ちいいセックスができるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする