神待ち女性とラブホに行ったときは丁寧に体を洗ってあげています

セックスをする際、『女性と一緒にお風呂へ入る』という人は結構いると思います。一緒に入らなくとも相手の裸を見ることはできますが、やっぱりお風呂でもイチャつくほうが雰囲気も盛り上げやすいですし、場合によってはそのままお風呂でしっぽり楽しめるかもしれません。

一緒に入るのを恥ずかしがる女性は多いものの、お風呂でのコミュニケーションは相手をその気にさせるために有効です。すでにセックスする仲ならその気かどうかは関係ない…なんてことはなく、女性は気分をとても大切にします。

仮に相手が気分を害してやる気を失った場合、セックスができなくなるかもしれません。これは恋人がいたことのある男性なら経験したことがあるかもしれませんが、「こんなことでも機嫌が悪くなるのか…」と驚くでしょう。

そんなわけで、セックスをするときは『女性がセックスしたくなる雰囲気作り』が必要です。その上で有効なのが一緒の入浴であり、この際は相手が裸だからといってがっつくのはいけません。むしろ、ベッドの上にいるときよりも紳士的に振る舞ってみましょう。

その上でオススメなのが、『相手の体を丁寧に洗ってあげること』ですね。男は女性に背中を流してもらうのが好きですが、女性も丁寧に洗われると喜びます。この際、愛撫というよりも『あえてエロい部分は触れすぎずにじっくりと隅々まで洗ってあげる』という洗い方がオススメです。

私はよく神待ちしている女性を誘ってラブホテルに行くのですが、そこではいつも相手の体を丁寧に洗ってあげています。最初はくすぐったいと笑われることが多いですが、愛撫とは違う焦らし方は女性をその気にさせるようで、お風呂から上がるとすでに準備が整っていることも多いでしょう。

神待ちしている女性は自宅に誘うことが多いですが、私はラブホテルに誘う派です。ラブホテルだとお金はかかりますが後片付けが楽ですし、相手も喜びます。普通のマンションよりもラブホテルのほうが、設備なども整っているからですね。

それにお風呂も広いから、洗ってあげるときにも便利です。この日も神待ち女性の体を手で綺麗に洗ってあげたのですが、相手が我慢できなくなったようで、「ここも洗って欲しい…」とおねだりしてきました。ここ、というのはもちろんアソコですね。

こういう風におねだりされたら愛撫をしてもOKで、すでにヌルヌルで溢れていたのがエロいです。お風呂で洗ってあげるという行為は、とてもオススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする